『3』
 花序の一部です。Aは、雌花で、Bは、雄花です。雌花が、このように開いていることが非常に稀でした。少ない日数と短時間の観察のため、雌花として機能している間に観察することが少なかった可能性もあります。次の写真は、開いたばかりのきれいな雌花です。雄花の葯は覗き込まないと見えないが、殆ど開いていた。