植物

2018.02.22

サルココッカの花

みなさん こんにちは
saruko10  フクジュソウの花を探しに行った公苑でサルココッカの花を観察しました。通路を歩いていると、良い香りが漂って来たので、香りの主はと見まわすと芝生と通路の境に植えられたサルココッカが花を咲かせていました。   
 撮影:2018.02.10 町田市
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2018.02.21

ツリバナの冬芽(果実)

みなさん こんにちは
turibana20  ニシキギの仲間の3種の冬芽を昨日アップしました。ツリバナが、身近に育っているので撮影してきました。先に書きましたように細身で先がとがっています。果実の写真はおまけです。   
 撮影:2018.02.20 (''16/09.11)
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2018.02.20

ニシキギの仲間

みなさん こんにちは
nisikigi09  ニシキギの仲間の冬芽です。ニシキギは、枝に翼が出るので良く判りますが、ニシキギの品種のコマユミと別種のマユミの冬芽はどう違うのだろうかと並べてみました。一番の違いは、芽鱗の色で、大まかな感じは、ニシキギ・コマユミは褐色に見えマユミは、緑色です。同じニシキギの仲間でツリバナ(写真なし)がありますが、冬芽は、細長く先がとがっていました。   
 撮影:2018.02.09 神奈川県
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

フクジュソウ

みなさん こんにちは
fukujyusou16  フクジュソウの花がやっと咲いていました。この公苑は、3か所にフクジュソウが植わっていて、昨年は、1/26日に咲いていました。機会あるごとに回り道して通い16日にやっと花に出会いました。地面すれすれの蕾が数本です。遅い別の株は、蕾すら出ていません。   
 撮影:2018.02.16 町田市
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (2)

2018.02.19

コナラとクヌギの冬芽

みなさん こんにちは
konara18  ドングリをならす、この地域で多い木の冬芽を観察しました。細長いドングリを落とすコナラと丸いドングリのクヌギです。コナラの枝は、先で八の字にひろがって、比較的光沢のある冬芽を幾つかつけていました。クヌギは、あまり太さの変わらない枝の先に光沢のない冬芽をつけています。よく見るとクヌギの冬芽に軟毛が生えています。また秋に熟す小さな幼果もついていました。
 コナラに似た、ミズナラ、ナラガシワやクヌギに似たアベマキは、この付近の山や庭園に稀に植えられています。冬芽だけに目を向けるだけでなく、幹もよく見なければいけないと考えています。(私なりの比較点です念のため)  
 撮影:2018.02.18 町田市
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2018.02.18

ハナイカダの冬芽

みなさん こんにちは
hanaikada07  葉の主脈上に花を咲かせるハナイカダです。この枝は、雄株から採収しました。(スケール:右側画像のみ対応)   
 撮影:2018.02.07 町田市
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2018.02.17

スノードロップ

みなさん こんにちは
sunudoropu  スノードロップが、清楚な花を咲かせていました。寒い地方では、雪を押し破って咲く、春を告げる花で喜ばれるそうです。
 「雪の滴」と思いましたが、「園芸植物名の由来」 (東書選書)によりますと、16,17世紀のご婦人の耳飾りに似ているので、名付けられたと書かれていました。   
 撮影:2018.02.10 神奈川県
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (2)

2018.02.16

ガクアジサイの冬芽

みなさん こんにちは
ajisai06  ガクアジサイの冬芽です。新しく出た枝先に今年花をつけると思われる冬芽(左)と花殻を残した枝の側芽(右)です。   
 撮影:2018.02.06 神奈川県
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2018.02.15

フラサバソウ

みなさん こんにちは
furasaba14  今シーズン初めてフラサバソウの花を観察しました。何年か前は、恩田川護岸の遊歩道では、町田市南第二小学校付近だけでしたが、今は町田市域の恩田川遊歩道のどこででも見かけるようになりました。植込みの手入れの後などブロアーで吹き飛ばしながら清掃していますが、この作業が、種子の配布に大きく寄与しているようです。   
 撮影:2018.02.14 町田市
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

PS:HPのぺージアップは、月2回を定例にしています。HPトピックス02.15号をアップしました。2月前半の気候とアカメガシワの冬芽・ヌルデの冬芽です。

| | コメント (0)

2018.02.14

コオニタビラコ

みなさん こんにちは
koonitabirako12a koonitabirako13b  七草の行事でコオニタビラコが、容易に手に入らないと聞きました。私が時々出かける水田地帯には、何処かで春に花を咲かせています。春先まで田起こしのしていない、水田から一株頂いて、種子をとり、欲しいと言っていた方に殆ど届け、何粒を家の鉢に蒔いておきました。室内に蒔いたのが、早々に花を咲かせました。
 今まで気づきませんでしたが、コオニタビラコは、1日花でした。12日に4輪咲きましたが、翌日開くことは無く、緑の蕾「a」が、翌日開きました。(11日に一輪咲きました。)   
 撮影:2018.02.12,13 町田市
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

キノコ | 動物 | 植物 | 自然 | | 風景 | |