2017.07.26

蝶 2題(ジャコウアゲハ・モンキアゲハ)

みなさん こんにちは
tyou1 tyou2  昭和薬科大学の薬草教室を聴講しました。その前に薬用植物園を一回りしたときに出会った蝶です。ジャコウアゲハは、卵を産みつかれたのか?モミジイチゴの葉で休んでいました。モンキアゲハは、水場で吸水中でした。   
 撮影:2017.07.22 町田市
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2017.07.21

シオヤアブ

みなさん こんにちは
sioyaabu1 sioyaabu2  お腹の先の白い毛から「塩谷虻」と呼ばれるようになったとも聞きますが、昆虫などの後ろから襲って、体液を吸う肉食昆虫です。蜂のように人をさすことは殆どないそうですが、まれに、哺乳類の体液をすこともあるそうですから用心するにこしたことは無いと思います。   
 撮影:2017.07.14 神奈川県
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (2)

2017.07.15

ハイイロゲンゴロウ

みなさん こんにちは
Gungorou
 水田を眺めていると時々小さな輪が出来ます。空気を取り込みに来るハイイロゲンゴロウでした。
 撮影:2017.07.12
PS:定例にしているHPトッピクス7.15号をアップしました。今号は、水田・キキョウとタシロランです。

| | コメント (2)

2017.06.29

ハグロトンボ

みなさん こんにちは
hagurotonbo1 hagurotonbo2  散策中に目の前のハグロトンボが現れました。正面からとも思いましたが、こちらが動くと何れかへ飛んでいきました。   
 撮影:2017.06.23 神奈川県
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2017.06.28

トラマルハナバチ

みなさん こんにちは
toramaru1 toramaru2 akinotamurasou  草むらで咲いた、アキノタムラソウやハエドクソウの花にトラマルハナバチが通ってきていました。小さな花で蜜を集めるのは大変だと思います。おまけは、毛むじゃらのアキノタムラソウの花です。   
 撮影:2017.06.23 神奈川県
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2017.06.14

コゴメウツギメツボフシ?

みなさん こんにちは
kogome_musi1 kogome_musi2 kogome_musi3
kogome_musi4  コゴメウツギの芽がおかしいと、小枝を持ってきてくださった方がいました。コゴメウツギに出来る虫えいはと手持ちの図鑑で調べ、植物と生成場所からコゴメウツギメツボフシとしましたが、定かではありません。
参照図鑑:「日本原色虫えい図鑑
 付表P589(全国農村教育協会)」
写真説明 (1):小枝を裏面より
  (2):花茎に出来た虫えい・アケビみたい
(3):芽に出来た虫えい  (4):断面・矢印のところに幼虫?
お持ちいただいた方、有難うございました。   
 撮影:2017.06.10 神奈川県産
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2017.06.13

虫 2題

みなさん こんにちは
musi1 musi2  梅雨入りしたと発表になった翌日、少し晴れ間も見えたので歩いておかなければと出かけました。そのおり、草原で出会ったキマダラセセリです。林の中では、木の幹に張り付いたナナフシ(仲間)と出会いました。   
 撮影:2017.06.09 神奈川県
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2017.06.05

ペア 2題

みなさん こんにちは
pair1 pair2  昆虫たちも成虫になって恋の季節を迎えています。散歩中にであった、モンシロチョウとセアカカメムシ?のペアです。   
 撮影:2017.05.29,31
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (2)

2017.06.04

テントウムシ

みなさん こんにちは
tentoumusi1 tentoumusi3 tentoumusi5
tentoumusi2 tentoumusi4 tentoumusi6
 クリの葉の上にテントウムシがいました。幼虫から羽化したばかりの成虫まで観察できました。1:幼虫と前蛹です。2:すぐ羽化しそうな蛹です。近くを見ると羽化を始めた蛹もいました。頭から出て来ます。すぐ蛹の上に乗りました。そのうち、後ろ羽を出しました(3、4)。20分ぐらいで、うしろ羽を前羽の下に収納しました(5)。その後、20分程度たつと前羽の色が変わり、何処へ隠れました。うしろ羽の収納・展開の仕組みが、東京大学や国立科学博物館などの研究チームによって、解明されたと5月末に発表されました。   
 撮影:2017.05.28 町田市
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (2)

2017.05.31

ジャコウアゲハの幼虫

みなさん こんにちは
jyakou1 jyakou2 umanosuzu1  ほぼ毎年、ウマノスズクサの幼果を観察している昭和薬科大学薬用植物園のウマノスズクサに、今年はジャコウアゲハの幼虫が、たくさんついて葉を食べていました。また、卵が多数産み付けられていました。咲いたばかりの花が、一花観察できましたが、この様子だと今年は幼果の観察は、出来ないかもしれません。   
 撮影:2017.05.27 町田市
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

キノコ | 動物 | 植物 | 自然 | | 風景 |