« ツクシショウジョウバカマ | トップページ | 葉牡丹 »

2019.03.04

ヒイラギナンテン

みなさん こんにちは
hnanten2535_44 hnanten2534  植物は動かないものと思われがちですが、時間をかけて動くもの、何かの刺激を受けると短時間で動くものがあると、植物の観察をし始めたころに、某先生から教わりました。その一つは、メギの仲間の花です。比較的大きな花を咲かす、ヒイラギナンテンで復習しました。虫の代わりに先の細い柔らかい葉で花の奥をくすぐると雄しべが、雌しべの方に寄ってきました。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| |

« ツクシショウジョウバカマ | トップページ | 葉牡丹 »

コメント

もこままさん ありがとうございます
ツメキリソウの雄しべも小さな蜂が来ると雄しべが動くとか聞いています。実証していません。機会があれば観察して見て下さい。
PS:オンブバッタによるオジギソウの葉の動きは、「植物の生態図鑑・増補改訂 学研」P30に
載っています。P31にはヒイラギナンテの蕊も

投稿: クスクス | 2019.03.05 06:50

こんばんは。
20年くらい前まで 我が家にもヒイラギナンテンを植えていましたが
動きがある花だとは 全く気づきませんでした。
ハエジゴク、オジギソウ、ネムノキの葉が閉じるのは知っていましたが。
植物も、かなり奥が深いですね!
勉強になりました。

投稿: もこまま | 2019.03.04 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツクシショウジョウバカマ | トップページ | 葉牡丹 »