« ヤマザクラ・オオヤマザクラ 冬芽 | トップページ | イチョウの冬芽 »

2019.02.01

コクサギの冬芽

みなさん こんにちは
kokusa0101_20  コクサギは、芽鱗の縁が灰白色に縁取りされ、太陽からの紫外線を避けて内部を保護するためだとも聞く、濃い紫色に変色した側は特にきれいに見えます。太陽光の当たらない常緑樹の下や横枝の下側は、芽鱗が緑色で白い縁取りがあります。
kokusa1162  頂芽の断面を観察しました。中心に茎として伸びる部分の髄が鮮明に見えます。この形が、葉序などに大きく関係していると聞きます。機会あるたびに他の木の頂芽の断面を観察したいと考えています。
 ずんぐり丸っこい側芽の断面を見ますと混芽で花の源が観察できました。細長くとがった側芽は、葉だけでした。
kokusa2157  若い木のようにまっすぐ上に伸びた茎につく葉は、渦巻き状になっています。少し年数を経ったり、横に伸びた枝は、右・右 左・左の傾向が強くなってきます。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

PS:定例にしている月報02.01号をアップしました。内容は、01月の気候・ケヤキです。

|

« ヤマザクラ・オオヤマザクラ 冬芽 | トップページ | イチョウの冬芽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマザクラ・オオヤマザクラ 冬芽 | トップページ | イチョウの冬芽 »