« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019.01.31

ヤマザクラ・オオヤマザクラ 冬芽

みなさん こんにちは
sakura2553_72  よく似た花を咲かせる両種です。花の季節に花序に柄が有か無かで識別できます。冬芽もずいぶん違いました。ヤマザクラは、あまり艶が無く、芽鱗の先が少し開いています。オオヤマザクラは、きれいに閉じていて、光っています。触ると少し粘ります。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (2)

2019.01.30

カワヅザクラ 開花

みなさん こんにちは
kawadu5151 kawadu5154  今日 午後の散歩に出て、小鳥を追って居たところ、白いものが目に入りました。よくよく見ると枝の陰で3輪開花していました。他の枝は、蕾の先が少し白くなっている程度です。昨日もこの木で花を探したのに見つかりませんでした。

   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

イヌザクラ・ウワミズザクラ 冬芽

みなさん こんにちは
sakura0914_23  多数の花が密集して咲く、イヌザクラとウワミズザクラの冬芽を比べてみました。枝を含め冬芽がずいぶん違います。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

PS:ご指摘を頂き、画像内の注記 落枝痕に訂正しました。
 ご指摘ありがとうございました

| | コメント (0)

2019.01.29

カワヅザクラ・オオシマザクラ 冬芽

みなさん こんにちは
sakura1723_32  間もなく咲き始めると思われるカワヅザクラとソメイヨシノより遅く咲くオオシマザクラの冬芽です。カワヅザクラの花芽は、うっくらとしています。オオシマザクラの冬芽は、艶があり、どちらかというと長めの花芽で、先がしっかり締っていませんでした。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (2)

2019.01.28

シオデの実

みなさん こんにちは
siode1190 siode1751a  林床の掃除をされている方の横の木に添って立ち上がっている蔓を見かけました。よく見ると萎びた実が見えます。枯れた葉・果序からシオデのようです。
 一つ潰してみますととてもきれいな種子が出て来ました。1房頂いて来て水につけてふやかして潰しました。2~4mm赤い種子が出て来ました。1果実当たり2個と3個の半々でした。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.27

アカシデ・イヌシデ・クマシデ 冬芽

みなさん こんにちは
akas4706  身近に観察できシデの仲間3種の冬芽を並べました。各種の特徴は、画像の中に注記しました。一番赤味がかっているのは、アカシデで、緑っぽいのはクマシデでした。冬芽を観察して、気の付いたのは、太陽光を浴びる側と反対側で色の違うことです。
 撮影:2018.12.20,22 町田市・神奈川県
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.26

アトリ

みなさん こんにちは
atori5017  1月半ばは、大きな群れで来ていたようですが、ここの所、数羽で近くを通っていくようです。やっとカメラに納まってくれました。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.25

ジョウビタキ

みなさん こんにちは
jyoubi4878  恩田川の遊歩道を歩いていると時々ジョウビタキに出会います。雌は、逆光でした。雄が対岸の電線の上で近寄りがたい。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

PS:昨日は、ボランティアで10時から17時まで数年振りにデスクワーク、少々疲労気味です。

| | コメント (0)

2019.01.24

ムクロジ 冬芽

みなさん こんにちは
mukuro5332_51 mukuro4784  葉痕は、大きく面白い顔に見えます。それに引き換え冬芽は小さく目立ちません。若い枝は、環境によって色がずいぶん違います。
 稔った実が、きれいな青空に映えていたのでついシャッターを押しました。

  (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.23

イロハモミジとトウカエデ 冬芽

みなさん こんにちは
iroha3707_26  近くで観察できるイロハモミジとトウカエデです。イロハモミジは、艶がありきれいです。太陽に照らされる側は赤く、反対側は、緑が残っています。トウカエデは、街路樹で観察しているつもりでしたが、改めてアップで見ると毛むじゃらでした。予想外だったので、頂芽を斜め上からも観察しました。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.22

トチノキとベニバナトチノキ 冬芽

みなさん こんにちは
totino4396  近年街路樹として植えられるベニバナトチノキとトチノキの冬芽です。何方も高木で樹の先に近いところは直接観察できませんので、写真で観察しました。
 トチノキは、晴れた日で、少し雲ある日を狙って、公共施設の二階のベランダから雲をバックにして白抜きで撮影しました。ベニバナトチノキは、道路から出来るだけ遠いところを狙いましたが、見上げる感じになりました。幹から出ている小さな冬芽を触って比較したところ、トチノキの方が粘りが強いようです。そのためか、光沢があるように写りました。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.21

アジサイとタマアジサイ 冬芽

みなさん こんにちは
ajisai5562_81  似た者同士かと思い、アジサイとタマアジサイの冬芽を比べてみました。頂芽の感じがずいぶん違います。
 アジサイの頂芽は、葉脈もはっきりした幼い葉です。寒くなると紫褐色に色が変わります。少しでも太陽光を多く受けようとしているのでしょうか?それとも霜焼けなんでしょうか?
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.20

アカメガシワとアワブキ

みなさん こんにちは
akame0291_10  樹の姿は、まるで違いますが、枝先の冬芽を遠目で見るとよく似ています。何方も毛の防寒具をつけています。近づくとアカメガシワは、星状毛でザラザラで、アワブキは柔らかい真直ぐで優しい感じの毛です。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

フジの根元

みなさん こんにちは
fuji0031  ある公園の藤棚の下で一休み。転落防止用のフェンスに目をやると串団子が出来ている。藤棚のフジの根元でした。蔓植物の強さに感動しました。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.19

ユリカモメ

みなさん こんにちは
kamome4852 kamome4856  久しぶりに恩田川の遊歩道を自転車で下ってみました。ユリカモメが、20羽程度の群れで、川のブロックに止まっていました。餌を撒く人を見つけると一斉に飛び立ちます。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (2)

冬牡丹(終)

みなさん こんにちは
botan0403 botan0383  淡い色のボタンです。黄色の花を咲かせる黄冠は、花は少なかったが、大きく開いて見ごたえがありました。今回の拝観記録を終わります。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.18

冬牡丹(3)

みなさん こんにちは
botan0375  白と赤の花弁の花を咲かせた、島錦が、数株植わっていました。単色の花の多い中で目立ちます。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

冬牡丹(2)

みなさん こんにちは
botan0412  三の鳥居側から神苑ぼたん庭園に入ると樽に入った濃い赤の牡丹の花が迎えて下さいます。対処的な白い花(連鶴)は、庭園内に2,3株植わっています。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.17

冬牡丹(1)

みなさん こんにちは
botan0408 botan0376 risu0372a  冬牡丹で有名な鶴岡八幡宮にお参りして、神苑ぼたん庭園を拝観してきました。藁囲いの中できれいな花を咲かせていました。
おまけ:庭園の入口近くで出会ったのは、左のタイワンリスです。観光客のすぐそばで遊んでいました。

(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

エゴノキ

みなさん こんにちは
ego4836_55 ego7300a  エゴノキの冬芽は、ハクウンボクの冬芽を小さくした感じです。側芽の背中に小さな芽を背負っています。幹もハクウンボクと非常によく似ています。
 老木になると左のように凹凸が大きくなり、皮の黒い部分が、捲れることもあります。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.16

ハクウンボク

みなさん こんにちは
hakuu8425_44 hakuun4748a  赤いマントに毛皮帽子をかぶったのは、近付くとハクウンボクでした。軟毛を密にはやしていますが、裸芽です。頂芽に抱かれるように小さい芽をつけています。
 若い幹は、色が濃く、次第に灰黒色になる。

   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

カラスザンショウ

みなさん こんにちは
kara8573_92  刺の多い大木です。大きな樹の下に行こうとすると苗の刺に良く捕まります。苗の冬芽と比較的若い木の幹(直径10㎝程度)を観察しました。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.15

ハリギリ

みなさん こんにちは
harigi5102_21 harigi0028  大木になるハリギリです。林に入ると若い木が生えています。その頂芽と刺を観察しました。鋭い棘が生えていて近寄りがたい苗です。
 成木になると幹の太さに比べ棘は小さく目立たなくなります。でも油断大敵、疲れて何気なく幹にもたれたり、手をつくと大変です。刺さって飛び上がります。(矢印:刺〉
  (画像をクリックしていただきますと
  大きく表示します)

| | コメント (0)

タラノキ

みなさん こんにちは
tara6929_48  落葉樹の冬芽を白バックで写し観察しています。とげとげのタラノキです。葉痕も分かるようにと斜め上からも観察しました。葉痕は、300度ほど回っています。
  

| | コメント (0)

2019.01.14

サギの舞

みなさん こんにちは
daisa4806 daisa4798 daisa4792  ダイサギが、11羽とアオサギ2羽が、大きなお家の屋根にいました。時々 飛び立たり、何処から飛んできたりしていました。写真に入らない範囲で肉眼で確認できるだけで、空には5羽飛んでいました。大きな群れのようです。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.13

ユリノキ・ホオノキの冬芽

みなさん こんにちは
yuri9515_34  どちらも大木で公園などでは下枝は、切り落とされるため近くで観察するのが難しい冬芽です。ユリノキは、剪定中のところに出くわし、小枝を頂くことが出来ました。ホウノキは、やむを得ず望遠で撮影し写真で観察しました。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.12

モクレン・ハクモクレンの花芽

みなさん こんにちは
mokur6631_50  昨日 コブシとシデコブシの冬芽をご覧頂きました。同じような花を咲かせるモクレンとハクモクレンの花芽をご覧ください。何方も毛が生えています。モクレンは花の色に似て、紫ぽっく、毛は寝ています。ハクモクレンの毛は白っぽく、あまり寝ていません。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.11

コブシ・シデコブシの冬芽

みなさん こんにちは
kobusi4123_42 side9104  街路樹や庭園も植えられるコブシの冬芽です。花芽は、たくさんの毛に包まれています。おまけに幹も写しました。
 右はシデコブシの花芽と側芽です。コブシの軟毛は、寝ていますが、シデコブシは、ふわふわしています。
  (画像をクリックしていただきますと
  大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.10

ダンコウバイの冬芽

みなさん こんにちは
danko0040b  クスノキ科の落葉樹で身近に観察できる一種のダンコウバイです。この冬もと近くの林に行きましたが、木が相当傷んでいたので、断念して昨冬の写真です。
 混芽のヤマコウバシをご覧頂き、花芽が、独立して柄のあるクロモジとアブラチャンをご覧頂きましたが、このダンコウバイの花芽は柄がありません。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.09

クロモジとアブラチャンの冬芽

みなさん こんにちは
kurom3259_78 abura7039_58  どちらも葉芽の横に柄をもった花芽を着けます。クロモジの葉芽は、花芽より飛び出しています。また、花芽の柄に毛が生えています。アブラチャンの葉芽は、花芽より短く、花芽の柄は無毛です。
  (画像をクリックしていただきますと
  大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.08

ヤマコウバシ

みなさん こんにちは
yamako3817_36  昨年暮れから改めて冬芽を観察し、白バックで写真に収め始めました。何種もありませんが、整理がつき次第にご覧頂こうと思っています。
 冬でも葉をつけているヤマコウバシです。葉の裏に果実も残っていました。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.07

ボケの花

みなさん こんにちは
boke8024  橋のたもとの小さな緑地にボケが植えられ花を咲かせます。この株は、よく実をつけます。通りがかりに観察しましたらすでに少し子房の膨らみかけたのも見かけました。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.06

ハナイバナ

みなさん こんにちは
hanai7822 hanai7823  先のトキワハゼと同じ、街道に面した庭で花を咲かせていました。「葉内花」と書くそうです。名前の通り、葉の間に小さい小さい花を咲かせています。この小さな花の中や葉・茎の毛に細かい黒い塵がついていました。

   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

トキワハゼの花

みなさん こんにちは
tokiwa7821 tokiwa7291  「常盤はぜ」と呼ばれるだけに寒い中で花を咲かせていました。花をアップで見ますと相当黒い塵がついています。、空気がきれいになったと言われますが、交通量の多い街道沿いは、微粉が沢山飛んでいるようです。

   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.05

ウメの花

みなさん こんにちは
ume4707  近くの緑地でウメ(白)が、花を咲かせていました(01/04)。庭に植えている甲州小梅は、もう少し経たないと咲かないようです。
  (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

アカシデの果穂

みなさん こんにちは
akasi4547 akasi7301
 イヌシデの果穂を見て頂きましたが、近くで並んで植栽されているアカシデも観察しました。アカシデの方が、イヌシデに比べ少し小振りで、果穂もまばらでした。
 幹は、イヌシデに比べ、ひねった様な凹凸が、比較的若いうちから出ます。
 この趣を鑑賞する盆栽があります。園芸家は、この木を「ソロ」と呼んでいます。近くの公園でもソロの名札を何本かに付けられていました。

   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.04

イヌシデの果穂

みなさん こんにちは
inusi2910 inusi7294b  昨年末は、主に冬芽を観察に出かけることが多かった。イヌシデと確認している樹の下に行くとこれから飛ばそうとしているきれいな果実に出会いました。
 これほど沢山実をつけた樹も珍しいと思います。
 幹に目を向けますと年数の経った根元部分は、少し凸凹が目立つようになっています。先のすんなり伸びたところは真ん丸く見えます。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.03

霜柱(2)

みなさん こんにちは
simoba7286 simoba7252_61  今朝は、気温が氷点下1.1度まで下がりました。2階相当の放射冷却の大きいところのシモバシラに霜柱が出来ました。
 昨暮れ29日から31日まで出来ていましたが、正月1,2日は、出来ませんでした。今年に入って初めてで昨年より大きく伸びました。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (2)

今朝の空

みなさん こんにちは
sora7242  元日・2日と人口が増えていましたが、2日午後からいつもの状態になって、初詣を済ませました。
 今朝は、いつものように起きて、日の出を拝みました。日の出前の空です。昨日何人かのところで話題になった、お月様を中心に金星と木星も写せました。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.02

落葉樹の幹

みなさん こんにちは
hayasi6923  天気の良い日に落葉樹の林を少しだけ歩きました。真っ直ぐ伸びた、クヌギの幹と少し肌のあれ出したムクノキの幹が目につきました。
   (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2019.01.01

年賀

Nenga2019b

  月報01.01号の内容 2018.12月の気候アカマツ・クロマツ
  とブログリストです

| | コメント (4)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »