« フウセントウワタ | トップページ | 綺麗な花 »

2006.07.28

キクイモ(広義)

皆さん 今日は
 イヌキクイモ(広義のキクイモ)の花が咲き出しました。Imo6725
 私が、自然観察を始めたころに、この花の名前をキクイモといったらある方が、キクイモでなくイヌキクイモだと教えて下さいました。
 近ごろ、イヌキクイモといったら、同じ方がキクイモだと言われて、私の頭は混乱状態になってしまいました。
 問題は、学名 Helianthus strumosus が、和名をイヌキクイモと書かれている図鑑があります。この学名で登録されているタイプ標本は、日本で通称されているイヌキクイモと違うらしい。それで、通称イヌキクイモは、キクイモ(Helianthus tuberosus)の範囲に入ると言う説も出てきて、どの学者の意見に従うかで、和名が違うことが判ってきました。どちらでも無い別の先生にお尋ねした所、キクイモ(広義)と書いておけば、どちらの説を取る方からもおかしと言われないだろうとのことです。
 キクイモ(狭義)とこの植物は、栽培してみた所開花時期が1,2ヶ月違い、塊茎の形状や大きさも違います。・・・分子的分類で何処にたどり着くのか興味のあるところです。
 撮影: 町田市 2006.07.25
 (画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

|

« フウセントウワタ | トップページ | 綺麗な花 »

コメント

どーも、アライグマです。

何時も思うのですが、イヌ・・・というのは結構あるのにネコ・・・・が無いのは何故だろう???

(-_-;)深遠な問題だ(x_x )\☆

つまんない事書いてごめんね。....(((((^^;

投稿: アライグマ | 2006.07.28 23:57

アライグマさん コメント有難うございます。
 ネコは、本当に少ないですね。7:1ぐらいでイヌの方が多そうです。
 飼っているペット数も犬は断然多いから仕方が無いのでしょう

投稿: クスクス | 2006.07.29 05:00

キクイモに対してイヌキクイモ(チョロギイモ)と呼ばれるのは、妥当のように思います(和名に先取権無し)。
ただHelianthus strumosusを、イヌキクイモに充てられたのは勘違いだったと思います。

http://homepage2.nifty.com/syokubutu-kensaku/topic05.html

投稿: OHMY | 2007.12.12 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4910/11127276

この記事へのトラックバック一覧です: キクイモ(広義):

« フウセントウワタ | トップページ | 綺麗な花 »