2017.07.26

蝶 2題(ジャコウアゲハ・モンキアゲハ)

みなさん こんにちは
tyou1 tyou2  昭和薬科大学の薬草教室を聴講しました。その前に薬用植物園を一回りしたときに出会った蝶です。ジャコウアゲハは、卵を産みつかれたのか?モミジイチゴの葉で休んでいました。モンキアゲハは、水場で吸水中でした。   
 撮影:2017.07.22 町田市
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2017.07.25

カリガネソウ

みなさん こんにちは
kariganesou1 kariganesou2  花蜂の訪問を期待して、特化された花の形と聞いています。比較的身近なところで観察できるとは、今回案内していただくまで知りませんでした。株の周りは除草され守られていました。ご案内いただいた、お友達に感謝しています。  
 撮影:2017.07.21 神奈川県
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)
PS:今日は、朝から暑く、最低気温が、28度近くありました。少々ばて気味です。

| | コメント (0)

ヌマトラノオ

みなさん こんにちは
numatoranoo  水辺に少しだけ生えている、ヌマトラノオです。比較的か弱く、周りの草に常に脅かされているようです。   
 撮影:2017.07.21 神奈川県
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2017.07.24

フシグロセンノウ

みなさん こんにちは
fusiguro1 fusiguro2  林床の奥でフシグロセンノウが咲いていました。緑の中で朱赤色の花が目立ちます。いろいろな、大事な植物を避けながら近づいて節の色も確認しました。   
 撮影:2017.07.21 神奈川県
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2017.07.23

フサフジウツギ

みなさん こんにちは
fusafuji1 fusafuji2  恩田川の砂だまりで咲いている植物です。近寄りがたい場所で詳細を確認できず悩みました。何回か望遠で確認して、絵合わせで、フサフジウツギとしましたが、間違っているかもしれません。これは、栽培逸出品だと思います。別名をチチブフジウツギと呼ばれるように、秩父地方に自生しているとの説もあるようです。(山と渓谷社・樹に咲く花)   
 撮影:2017.07.17 町田市
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2017.07.22

ギンリョウソウ2

みなさん こんにちは
ginryousou  先にギンリョウソウが多く花を咲かせていると書きまた。その後観察していましたが、ほとんど実が大きくならずに終わりました。少雨の影響かも知れません。唯一大きくなっていた実です。パンダの赤ちゃんそっくりです。左下に小さく写っているのは、大きくならなかった実です。   
 撮影:2017.07.14 神奈川県
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (2)

マヤラン2

みなさん こんにちは
mayaran3 mayaran4 mayaran5  約一週間前の写真です。昨年は、数本生えていたところで今年はたくさん花を咲かせていました。一週間経った昨日(7/21)は、ほとんど姿を消し、数本実をつけているだけでした。昨年は、多く花を咲かせた場所は、ほとんど花茎を伸ばしませんでした。雨が少ない所為でしょうか?   
 撮影:2017.07.14 神奈川県
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2017.07.21

シオヤアブ

みなさん こんにちは
sioyaabu1 sioyaabu2  お腹の先の白い毛から「塩谷虻」と呼ばれるようになったとも聞きますが、昆虫などの後ろから襲って、体液を吸う肉食昆虫です。蜂のように人をさすことは殆どないそうですが、まれに、哺乳類の体液をすこともあるそうですから用心するにこしたことは無いと思います。   
 撮影:2017.07.14 神奈川県
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (2)

2017.07.20

ユウスゲ

みなさん こんにちは
yuusuge1 yuusuge2  先のオシロイバナよりも夕方遅く咲き始めるユウスゲです。この花は、午後6時半過ぎ写しました。この花は、わずかに良い香りがするので、蛾を誘ってるのだと思います。   
 撮影:2017.07.17 町田市(植栽)
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (0)

2017.07.19

オシロイバナ

みなさん こんにちは
osiroibana1 osiroibana2  夏の午後3時ごろから咲き始めるます。そのことから、「夕化粧」と呼ばれることもあります。この場所は、昨年黄色の花も咲かせていましたが、今年は、赤系の花ばかりです。   
 撮影:2017.07.13 町田市
(画像をクリックしていただきますと大きく表示します)

| | コメント (6)

«ヤマユリ