シモツケ

みなさん こんにちは
 よく歩く遊歩道の背の低い境界植の中にシモツケが所々に植えられています。また川の流れに近い砂だまりにも何箇所も育っています。
 これは何処かより流れてきて根付いたものだと思います。
simotuke7370
 丁度 花の最盛期でした。上左は、境界植の花 上右は川の砂だまりの株。
画像をクリックして頂きますと拡大表示します

| | | コメント (0)

2022.05.24

オオバオオヤマレンゲ

みなさん こんにちは
 2017,18年だったと思いますが、知人が、種を蒔いたら生えたからと一本届けてくださいました。2019年から毎年花を咲かせています。今年は、3個蕾が上がっています。
oobaoya10345
 最初に開いた花で、開いた日の夕方に一旦おちょぼ口になって翌日10時過ぎから開きはじめてお昼前には全開します。この花は、22日に花弁が茶色くなりました。(23日に2花目が開きました。)
oobaoya20317
画像をクリックして頂きますと拡大表示します

| | | コメント (0)

2022.05.23

ボウラン

みなさん こんにちは
 2003年の有る方から頂きました。その後、あまり大きくなりませんが、毎年 幾つか花を咲かせ続けています。今年も何箇所で蕾が上がっています。
bouran10343
 頂いた翌年に咲いたときは、花を分解して観察しました。10年ほど前にも復習しましたが、ここの所、詳しく観察していません。
bouran20336
画像をクリックして頂きますと拡大表示します

| | | コメント (0)

2022.05.22

ワダソウ

みなさん こんにちは
 十数年前に種子から育てた、ワダソウが、小さな鉢で数本まで増えていましたが、昨年 一本になって絶えそうなので、閉鎖花で出来た種子を数個を2鉢に蒔いておきました。幸いに各2本生えました。元の鉢の古い株は姿を消しましたが、4本新しい苗が育っています。
wadaso0299
 開放花は咲きませんでしたが、生えた年から、閉鎖花が次から次へと咲いて、子孫を残すたくましい植物のようです。ある図鑑に、閉鎖花は少ないと書かれていますが、通年で見ると閉鎖花の方がはるかに多そうです。
画像をクリックして頂きますと拡大表示します

| | | コメント (2)

2022.05.21

ハッカクレン&ポドフィルム

みなさん こんにちは
 昭和薬科大学薬用植物園で出会った、メギ科の同じような成分を含む植物です。ですが、何れの植物も私のページにアップするのは初めてです。ポドフィルムは、10年ほど前からこの植物園で栽培されていて、写真も残しています。
 ハッカクレンは、初対面だと思います。いずれも有毒植物ですが、薬と毒は紙一重で緩下剤などに使われています。
hakakuren0276
 ハッカクレンは、葉の形から名付けられたそうです。ポドフィルムは、アメリカハッカクレンやアメリカミヤオソウとも呼ばれます。
画像をクリックして頂きますと拡大表示します

| | | コメント (2)

2022.05.20

ニガナ

みなさん こんにちは
 河岸段丘の上の一寸した公園(城址)にニガナが繁茂していました。
nigana7360
画像をクリックして頂きますと拡大表示します

| | | コメント (0)

ヘビトンボ

みなさん こんにちは
 近くの川で流れ近くまで下りられる所と長い長靴を履けば行ける範囲の川の生き物調査と清掃を定期的にして下さっているグループがあります。偶に調査されている時刻を狙ってお邪魔することがあります。
 その時草の陰に停まっていたヘビトンボの一種です。種名までは行きつけませんが、ヤマトクロスジヘビトンボなら良いのにと思っています。
hebito10294
おまけ:調査のため捕らえられていたヤゴです。
カワトンボ科だと思います。
hebitok20292
PS:手伝いすればよいのですが、陸歩きもおぼつかないのに、川で転んだりすると迷惑なので、水に入らないで我慢しています。
画像をクリックして頂きますと拡大表示します

| | | コメント (2)

2022.05.19

オオニワゼキショウ

みなさん こんにちは
 花の色は淡青色でニワゼキショウの花より一回り小さく、逆に果実の直径が5mm強と大きい。今年は近くでよく見かけます。
 (和名は、「野に咲く花・山渓」を参照しました。)
niwao10231
 花と果実です。果実は完全に熟していませんが、5mm強でした。
niwao20233
 参考に近くで見かけたニワゼキショウです。赤紫と白に近い花が咲いていました。
niwas37348
 追記:学名の小種名が、「野に咲く花 1997.03.20発行と増補改訂新版2013.03.30発行」と異なります。「野に咲く花」の学名をY Listで検索すると「ルリニワゼキショウ」が標準和名になっています。「日本帰化植物写真図鑑 全農」の学名は、Sisyrinchium sp.になっています。
画像をクリックして頂きますと拡大表示します

| | | コメント (0)

2022.05.18

コバノタツナミ

みなさん こんにちは
 コバノタツナミが、庭のあちこちで花を咲かせます。我が家は、この色の花を咲かせる株はわずかです。
kobatatu10203
 シロバナコバノタツナミ(品種)が、多いのですが、花期が、コバノタツナミより早く、ほとんどの株が、実になっています。
kobatatu20207
画像をクリックして頂きますと拡大表示します

| | | コメント (2)

2022.05.17

バニラ

みなさん こんにちは
 やっと出会えたバニラの花です。何年か前に蕾と実に出会いましたが、開花しているところに出会えませんでした。今回やっと出会えました。花に近い位置だと後ろ側になります。斜め横からまず一枚
banira10268
 手すりの向こう側に腕を伸ばして花の正面から
 デジカメらだから出来る。
banira20269
 何本か実をつけていました、夏には良い香りにも出会えるか?
banira30270
 出迎えて下さった、トカゲに敬意を表してシャッターを↑
画像をクリックして頂きますと拡大表示します

| | | コメント (2)

«アメリカフウロ